働けなくなったリスクに備える保険とは

病気やケガで長期間療養が必要となり、働けなくなった場合の収入減に対してどう備えれば良いか誰もが心配になります。この場合治療費と生活費は分けて考えるのがベターです。治療費に関しては、健保などの公的制度をベースにして医療保険で備えることが望ましいです。そのため、生活費の補てんをどのようにすれば良いかを考えます。生活費の補てんに役立つ制度には色々なものがあります。例えば疾病手当金の制度を活用する方法があります。これは働けなくなり有給休暇を消化した後から、手当が支給される制度です。支給額はおおむね給料の3分の2程度が目安です。またGLTDと呼ばれる団体保険もありますが、これに関しては、会社によって扱っているところとそうでないところがあるため、勤務先の総務課に確認してみると良いです。GLTDは、個人で加入する就業不能、または所得補償保険よりも割安なうえ、補償内容も充実しています。そのため、GLTDの扱いがある会社に所属しているなら、前向きに加入を検討すると良いです。

sabu用置換

sabu用置換