自転車も保険に加入する事が大切です

自転車に乗る時は自動車と違い免許証が必要がないので、誰でも気楽に乗れてしまいます。しかし自転車も自動車と同じく歩行者の方に危害を加えてしまうケースや自分が怪我をしてしまう可能性があります。自転車で歩行者の方に怪我を負わせてしまった場合は、被害者の方の治療費等を支払う必要があるので、注意が必要です。自動車であればしっかり保険に加入しているので、事故被害者の方が泣き寝入りしたりするリスクは低いですが、自転車は保険に一切加入していないケースが多いので、スムーズに治療費等を払って貰えない事が考えられます。自転車は歩行者の方からすると、自動車同様に危険な存在であり、衝突した時にスピードがでていたり、当たり所が悪いと事故死に繋がる事も考えられます。仮に歩行者の方が亡くなってしまえば、数千万円や億単位の賠償金の支払い義務が発生する事もあるので、個人ではとても負担できない賠償がのしかかってくるリスクを考えておく事が大切です。保険に加入すればリスクが発生した時に的確に対応できるので、自転車でもとても頼りになる存在です。

sabu用置換

sabu用置換